東ハト/Tohato

ニュースリリース

2021年12月
「ポテコ」「なげわ」など
フライヤー製品の増産体制構築とラインナップ充実化
東ハト関東工場 第2スナック棟完成、本格稼働開始のお知らせ
 
株式会社 東ハト

 株式会社東ハト(本社:東京都豊島区、社長:飯島幹雄)は、関東工場(埼玉県入間郡)に建設を進めてきた「第2スナック棟」が完成し、2021年12月1日より本格稼働を開始したことをお知らせします。

 第2スナック棟には、フライヤー新規設備の導入を行い、製品戦略と生産戦略の計画精度を高め、生販一体となった取り組みを図り、安定的にお客さまのライフスタイルやニーズに合わせた製品提供を目指します。

 具体的には、2023年に誕生50周年を迎える「ポテコ」と「なげわ」をはじめ、「暴君ハバネロ」、「あみじゃが」など、伸長が見込めるフライヤー製品のさらなる増産体制を構築するとともに、製品ラインナップの充実化を図ります。

 今後とも、最高の品質でユニークな価値ある製品を通じて、お客さまによい驚きと笑顔を提供してまいります。

イメージカット

■第2スナック棟概要
所在地埼玉県入間郡三芳町上富1332
東ハト関東工場内
規模建築面積:1,900.51㎡
延床面積:5,306.49㎡
構造鉄骨造り
階層地上4階
主要生産品目ポテコ、なげわ、暴君ハバネロ、
あみじゃがなどフライヤー製品
総工費約30億円


■東ハト関東工場概要
所在地埼玉県入間郡三芳町上富1332
規模敷地面積:31,422.99㎡
建築面積:15,917.92㎡
延床面積:36,742.53㎡
従業員数約750人



以上